FANDOM


リチャード・ギャリオットRichard Garriott、1961年7月4日-)は、コンピュータ用ロールプレイングゲーム(RPG)に発するウルティマシリーズの作者。ウルティマは、ウィザードリィと並ぶコンピューターゲーム黎明期の代表作。

アメリカ合衆国出身。少年時代をイギリスで過ごし、高校生の時にアメリカ合衆国に戻るが、イギリス訛りが強いしゃべり方から、友人たちは彼を「ロードブリティッシュ」と呼ぶようになった。

父親のオーエンは、第2回スカイラブ・ミッションへ参加した本物の宇宙飛行士であり、電気工学博士、大学教授でもある。母親は芸術家。彼が11歳の頃手作りの「銀の蛇」をデザインしたペンダントを父に送り、父はそのペンダントを持って宇宙へ旅立った。ウルティマシリーズに蛇や宇宙を題材にするシナリオがあるのは、これらの影響が強いといわれている。

他にも彼の特異な趣味として知られているものが「お化け屋敷」である。その自宅はまるで忍者屋敷のようなカラクリが満載されている。Britannia Manorと題されたイベントで、テキサス州オースティンで開催されていた。ほかにも宇宙への関心が非常に強く、自宅に天文台が設置されている。 この自宅は「ロード・ブリティッシュ」の名前が影響を持たない「なるほど!ザ・ワールド」で取り上げられたこともあり、その規模が伺える。

悪魔趣味(13や666という数字が大好き)の持ち主で、一方でコスプレの趣味もある。

彼のことを放映したTVの中で、「もし、NASAの人間がいきなりやって来て、"リチャード準備はいいかい?さあ宇宙へ行こう"。そう言ったら、即座にすべてを投げうって僕は旅立つよ」と、笑いながらコメントするほどの「宇宙」マニア。

ウルティマシリーズとギャリオット 編集

ウルティマシリーズにはブリタニア大陸という地名が登場、ゲーム世界の中心地であるブリタニア大陸を統治する王として、ロード・ブリティッシュという人物が登場するが、これはリチャード・ギャリオット自身の分身である。

経歴 編集

  • 1983年 オリジンシステムズを設立。その後同社はエレクトロニック・アーツ傘下になる。
  • 2000年3月 自ら設立したオリジンシステムズから解雇される(EA社は円満退社と報道した)。
  • 2000年4月 Destination Games社を兄のロバートともに設立。
  • 2001年5月 韓国のゲーム会社NC Softのアメリカ法人NC Austin社に入る。
  • 2004年2月 エレクトロニックアーツ社の開発部門とされていたオリジンシステムズ社が閉鎖される。
Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はリチャード・ギャリオットにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。